ホーム>コラム>真空包装>オイルレス真空ポンプ方式を採用した真空包装機
真空包装

オイルレス真空ポンプ方式を採用した真空包装機

今回は、増井技研の真空包装機で標準的に使用しているオイルレス式の真空ポンプについてご紹介したいと思います。あまり知られていませんが、実はオイルレス式は快適なシールに不可欠なのです。

オイルレス式は、とにかくクリーン

当社、増井技研の真空包装機では真空ポンプにオイルレス方式のものを採用しています。主な長所は、ポンプを回してもオイルを含む空気が発生しないので常に本体と周囲がクリーンであることです。

一般的にオイルを含んだポンプを回すと、排気にオイルミストが発生するために周囲がまるで油まみれの台所のようにベタベタしてしまいます。現在こそ、このオイルレスポンプがどのシールメーカーも一般的なものになっていますが、当社はオイルレスポンプがあまり一般的ではなかった10年ほど前から、このオイルレス式を採用しています。

オイルレスポンプはさまざまな場所で使えます

このオイルレスポンプ搭載の真空包装機が特に威力を発揮する場所はクリーンルームです。言うまでもなく、オイルが飛散する真空ポンプは室内を汚してしまいます。このオイルレス方式はオイルミストを発生させませんので、さまざまな場所で使うことができます。

それでは、オイルミストを発生しないというメリット以外にもう少し具体的な特長をいくつかご紹介いたしましょう。

1 オイルレスなのに、高真空な真空包装機を実現

当社が採用しているオイルレス真空ポンプは、国内の専門メーカーの製品を採用しているため、オイルレスでいながら高い真空度を保てます。このため、高い真空度を求めつつオイルポンプを使いたくない場合や、短時間で一定の真空度まで排気したい場合、狭小場所の吸着ガスを吸引したい場合などに適しています。

2 低騒音、低振動かつ長寿命

高品質な設計は、やはり国内専門メーカーならではの特長です。騒音と振動を極力排除し、脱気する時にだけ作動する設計になっていますので、稼働率が低く長寿命でお使いいただくことができます。

3 高い省エネ真空包装機を実現

加熱保護装置であるサーマルプロテクターを内蔵しているので、安全かつ省エネを実現。無駄なコストを防いで高い安全性能も手に入れました。

4 メンテナンスのしやすさ

そもそもポンプにオイルを使用しないので、オイル交換など面倒なメンテナンスが不要です。

また、本体はステンレス製なので強度があり、傷に強く、汚れも簡単に拭き取れるので、サビや塗装剥がれなどの心配もありません。簡単なお手入れで清潔にお使いいただくことができます。

 

いかがでしたか。増井技研では、これからもユーザー様にとって最高の使いやすさを追求した真空包装機をご提供するために努力してまいります。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.shinku-hoso.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/50

ページ上部へ