ホーム>コラム>真空包装>モーター駆動の真空包装機について
真空包装

モーター駆動の真空包装機について

今回の話題は、当社の真空包装機で使用しているモーター駆動についてです。基本的に、真空包装機の駆動方式にはモーター駆動方式とシリンダー方式の2種類があります。増井技研では、真空包装機においてさまざまな特長をもつモーター駆動方式を早い段階から採用しており、その優れた環境性能からあらゆる企業様で、主にクリーンルームなどにお使いいただいております。

クリーンな環境で威力を発揮するモーター駆動式の真空包装機

モーター駆動方式の仕組みは一言で表現すれば、シールする際にモーターの力を使ってシールバーに圧力をかけることです。

一般的な条件ではエア源やパワーを必要とするシリンダー方式が使われますが、このモーター駆動方式はコンプレッサーなどのエア源や付随する電源を必要とせず、排気を出さないので、汚れた空気を排出するために排気ダクトを設置する必要もなく、主にクリーンルームなどきれいな空気環境を保持することが必須となるシチュエーションで使われます。つまり、コンセントさえあればどこでも使えるのです。

また、騒音や振動も少ないので快適な作業環境を保つことができます。振動が少ないということに関して言えば、テーブルやシール部が振動による影響を受けませんので、壊れやすいものなどを包装する時や慎重に作業を行わなければならない際に大変重宝します。

仕上げを美しくするソレノイド機構を採用しています

増井技研におけるモーター駆動を採用した製品は、基本的にCSシリーズとなります。このモーター駆動の機構において、シールする際に採用しているのが「ソレノイド」という機構です。これは、電磁力によって電気エネルギーを機械的運動に変換する単純構造のコンバーターです。

使い方としては、シールの最後の仕上げの時に、瞬時に高い熱をかけられるソレノイドの機構を採用することで、コンパクトでありながら瞬間的に強い力を入れることでより美しい仕上がりが期待できます。

使用環境に合わせてモーター駆動の真空包装機を活用できます

ここではモーター駆動方式の真空包装機のメリットを紹介しましたが、お客様の使用環境に応じてシリンダー方式と二種類を使い分けていただくことをお勧めいたします。

たとえば、粉じんや水分が多く高頻度での真空包装作業をされるならシリンダー方式、逆にクリーンな環境で高頻度の作業をしない場合であればモーター駆動方式が適しています。

それぞれに特長をもつ駆動方式ですので、きっと御社に適合する真空包装機が見つかると思います。事前にご相談いただければ、詳しいご案内をさせていただきます。まずは、お気軽に増井技研へご相談くださいませ。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.shinku-hoso.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/52

ページ上部へ